倉庫の水銀灯が宙に浮いてる?

先日、りんくうのとある物流センターを内覧したところ、

面白のものを発見しました。

だいたいの倉庫は、水銀灯が切れたら大変です。

高所作業車やらを使って交換しないといけません。

これは、

スイッチをいれたら、天井からワイヤーでつられて降りてきます。

画期的です。

素晴らしー

でも、すべてについてるので、設備投資かかりそうですが。。。。

水銀灯中に浮く写真

三井不動産ロジスティックスパーク堺!!

先週末、堺市にある三井不動産ロジスティックスパーク堺を内覧してきました。

最新の設備が整った、物流倉庫です。

カフェテリアやきれいなオフィス

倉庫は有効天井高5.5m、各階大型車が入れるランプウェイ

免震構造や津波対策 至れり尽くせりです。

現在も1階の2区画が募集しております。

A区画2309坪とB区画2555坪があります。

ちなみに、トイレかなりきれいでおしゃれです。

IMG_0355 IMG_0354 IMG_0353 IMG_0352 IMG_0351 IMG_0349

物流不動産検索サイト ロジコロの市バスが走ります!

10月から、ロジコロ(LOGICORO)の市バスが走ります。

ルートは、梅田から旭区に向けてのルートとなります。

たまに違うルートも走るようです。

なかなか、渋いです。

また、追跡して動画など取れたらアップしたいと思います!

この広告に、負けないようなサイト作りをしたいと思います。

取り付けた写真2 取り付けた写真

大阪は観光都市になる?

9月2日、大阪心斎橋でデザートカフェ「雪のはな」という新食感スイーツのお店を

オープンしました。

弊社のグループ会社で、運営していますので当日お手伝いにも行きましたが、

雪のはな 食べログサイト ↓

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27081040/

最近、心斎橋を歩いて思うことは、外人観光客がすごく多い。

ほぼ外国人、そのような目でみていると全員外国人に見えてきますが。。。

というぐらい、外国人観光客が多いです。震災直後はガラガラだったんですが、

急激に回復しているみたいです。大阪府と市も力をいれていることもあります。

平成25年度、大阪に訪れた外国人は260万人いたようです。

今年は、それ以上になっていると予想されます。

最終的に、650万人を目標としているようですが。。。。。

そうなると、商売をしている人は、考え方を変えていかないと

お金を落とす人は、外国人観光客となるので町が変わらざるえないのかな

弊社も物流不動産と店舗の事業をしていますが目線を変えてやっていかないといけませんね。

淡路島 タクシーの中での話

この前のブログで、淡路島に経営計画会議に行ったという話を書きましたが、

夕食をするのにお店までタクシーで行きました。

タクシーの運転手のおじさんが、もう人がいなくなって夜になったら

店もないし、真っ暗やでと話していました。

確かに、7時ぐらいやのに店が閉まって真っ暗です、というより店がつぶれている。

タクシーのおじさん 「もう淡路島は過疎化が進んで若者がおらんようになってもうたわ」

私「あー、そうなんですね。やっぱ過疎化が進んでるんですね~」

私「関係ないけど、淡路島のホテルも中国の方が多いですね~観光ですかね~」

タクシーのおじさん「何言うてますの、働いている人も中国の人多いでっせ」

私「ガーン、そうなんですか」

タクシーのおじさん「淡路島では、働き手がおらんからな~」

おっと、淡路島でさえそんな状況になっていることにかなり驚きました。

日本のアジア化がかなり進んですることに実感しました。

日本はどうなる。。。

 

 

 

 

やはり今後の物流の流れは!

先日、物流会社の役員の方とお話していましたが、やはり私の思っている通り

の状況をお話しされていました。

私の考えは、間違いではないと確信しました。

今後、物流倉庫を構えるのに考えないといけないのは需要のある商圏に

近くないとダメで、リードタイムが少ないほうが良いとのこと。

それは、商圏から遠いとトラックがたくさん必要になりドライバー不足が

今後ますますひどくなることを考えるとオペレーションが出来なくなることです。

また、倉庫を分散しすぎるのもよくないとも言われていました。

理由は、倉庫間の横持ちが出来なくなるからです。

物流業界は、深刻な問題を抱えているようです。

現在、金余りのファンドが物流用地を高値で買い漁っています。

この先、どう動いて行くのか。。。。

 

稲刈り

倉庫と関係ないのですが、連休中に稲刈りのイベントに参加してきました。

しかも遠い、兵庫県美方郡、スキーで有名なハチ北とかがある場所です。

子供たちは、元気に稲刈りしてました。

昼は、カレーを頂いたのですが、空気のいいところで食べる飯はうまい~

前回ブログでも書いていたのですが、一極集中 これは田舎は過疎化に向かってること。

今回、協力いただいた農家の方もみんな高齢のかたです。

聞いてみると、米作りを継いでくれるものがいないとのことです。

悲しい現実です。

私にはどうすることもできませんが、

できるとしたら、農協曰く、パンを食う前に米を食えとのことでした。

がんばります。

稲刈り写真

 

滋賀の倉庫内覧

 

昨日、滋賀の入札物件の内覧をしてきました。

1000坪平屋倉庫で最強物件です。

物流業者が、20社ほど内覧をしていたようです。

激戦が予想されますが、ほんと良い物件です。

管財物件の入札ですので、倉庫を手放さなければならない理由があるのですが

物流業も厳しいようで、淘汰される企業と繁栄する企業があるようで

今後、日本の物流のありかたが大きく変わってくるような気がします。

前のブログの話で、街中に倉庫が必要になれば滋賀に倉庫は必要で

ないかもしれません。

物流だけでなく、日本の働く環境も変わってくる予感です。

チャンスでもありますので流れをとらえて進みたいと思います。

DSC02965